事故車・廃車の買取ってあきらめていませんか?|水没車・事故車・故障車・10年以上の中古車など査定してみませんか?

話題・ニュース

事故車・廃車・水没車の買取ってあきらめていませんか?

実は、事故車・水没車のような自走出来ない車でも、買取してくれる業者ってあるんですよ!

処分に困っているなら、一度、お電話だけでも、相談してみてはいかがですか?

\自走出来ない車もOK!無料査定は、こちら!/
【廃車買取】(株)はなまる公式サイト

ママ

業界トップクラスの買取額らしいから、いいことあるかも!

スポンサーリンク

【中古車・廃車の買取】疑問点

なぜ、自走出来ないというほど問題のある車でも買取してもらえるの?

買取対象の車の状態は、以下のようになります。

  • 車体の見た目の状態は良いが、エンジンなどのパーツに問題がある。
  • 新車や10年以内の中古車で、事故車の場合、車体の見た目が大きく凹んでいるが、エンジンやパーツ部品には問題が無い場合。
  • 10年以上の中古車で見た目に問題ないが、修理代や修理部品の問題から手放された車

のように、外観、もしくは、部品に問題があるケースが多いです。

まだ使えるところをしっかり利用する!

それらを上手く利用すれば、外観のきれいな状態のものに、新古車で事故車のエンジンなど、まだ十分使える部品などと交換することで、乗れるようになりますね。

年式が古いだけ!

日本では、長くても10年前後で買替えるご家庭が多いです。

整備し直すだけで、オークション市場で売られることもあれば、

海外では、クラシックカー(ビンテージカー)として、古すぎる車でも人気がある車種もあります。

また、世界的に日本車の信頼度が高いため、10年以上の中古車でも、安全性能が高い!と、海外では人気が高いことも有名ですよね。

外観も部品も問題の無い中古車は、海外市場で売却されるので、買取のチャンスがあるわけです。

年式が古過ぎて、車体にも問題がある場合は?

年式が古すぎて見た目もボロボロで、再販は難しい場合は、まだ使える部品を取り外し、再利用されます。

年式が古くなり過ぎると、部品調達が難しくなるケースもあるからです。

車体が再利用できなくても、部品が再利用できれば、外観の状態が良い車を海外市場に流すことができるようになります。

使えない車体や壊れた部品も価値がある!

使えない車体や壊れた部品にも価値がある!という理由は、

鉄やアルミなどの金属は、分別して回収され、溶解された後に資源としてリサイクルされます。

 

つまり、廃車を持って行くことで、SDGsの環境への取り組み貢献も出来る!ってわけですね!

このように、ディーラーや中古車センターとは異なる処分方法だからこそ、

自走出来ない事故車から故障車、水没車などを買い取って引き取りをしてくれるわけです。

廃車を買取業者で利用したい時、確認しておきたい点とは?

自動車税

廃車にすると、自動車税が還付金として返金されることがあります。

自動車税・重量税・自賠責保険料などの返金はあるかを確認してみましょう。

還付金がある場合、業者が返金時に連絡してくれる場合もありますが、後からの手続きはお互い面倒なので、買取価格に上乗せしてくる場合もあります。

自動車の所有者の確認

あなたの手放そうしている車の所有者は、誰になっていますか?

廃車にする時には「廃車登録」を運輸支局で行います。

この廃車登録を行っていなければ、いつまでも自動車税がかかり続けてしまいます。

ところが、もしも、ローンの支払いが終わっていない場合や、完済後に所有権解除の手続きをしていない場合、所有者欄はディーラーや信販会社になっているケースがあります。

所有者本人名義でしか廃車登録が出来ませんので、「車検証で所有者が自分の名前になっていることを確認」しておきましょう。

また、買取業者が廃車手続きを代行してくれる場合は、手続きを行う日程を聞いておき、完了したら証拠となる書類を郵送してもらえるようにたのんでおくと、後日、自動車税の請求書が送られてくる心配が無くなります。

レッカー代や、手続き費用の負担は?

自走出来ない車のレッカー代や、各種手続き、書類作成費用など、買取価格から差し引かれるのか、

業者が負担してくれるのか?

など、確認しておきましょう。

ママ

我が家で自宅まで取りに来られた時は、状態の良い中古車をレッカー車で引き取っていたわ!
県外まで運ぶのに、引き取り後の商品(中古車)の状態を維持したり、運ぶ人も、レッカー車の方が安心できるから、だと思うわ!

引き取る場所が事故現場だったり、高速道路だったりすると、また別途費用も掛かることもあるかもしれません。

状況により、様々な手続き費用の発生と、どこまで無料なのか?

見積もりの時点で、確認しておけば、手続き費用を差し引くと「ゼロ」になったということを防げますね!

キャンセルは、いつまで可能?

何らかの事情で、買取依頼を取り下げた場合、キャンセル料を求められることがあります。

すでに、レッカー車が出動していたり、廃車登録への手続き作業が始まっていると、キャンセル料が発生してしまいます。

「買取お願いします」

と、言ってしまった時点で、その車は、業者のものとなってしまいますので、見積もり時点の状態から傷を付けることなく、丁重に取り扱う必要があります。

万が一、状況が変わってしまえば、買取価格にも影響してしまいますので、契約状態のままの車体の維持と、契約の取り下げなどには、十分注意しましょう。

そのためにも、迷っている場合は、安易に契約せずに、キャンセル可能な時点も、確認しておくといいかもしれません。

人気車種は、廃車買取業者の営業がスゴイ?

状態のよい車や人気車種であれば、廃車買取業者も「ぜひ、売って欲しい!」と、予想以上な買取価格を提示されることがあります。

廃車になるところ予想以上な値段が付けば、自分にとっても嬉しいことですが、迷うようなら、

「配偶者に相談してから!」

「他社でも見積もり中のため、すぐにお返事ができません。」

など、保留にするなら、キャンセル料を心配することはありません。

見積もりの方法は?

車体の状態の確認は、現地の担当者が直接見に来ることもありますが、申込者本人が、カメラやビデオで撮影してメールなどで送る業者もあります。

見積もり方法も、電話で確認してみるといいです。

スポンサーリンク

あなたの廃車いくら?

もし、手放したい車をお持ちであれば、まずは、

「車種」

「年式」

「お名前・電話番号」

を登録フォームに入れるだけで、簡単に見積もり価格の相場を確認することができます。

※注意:実際の取引価格ではありません。

廃車・中古車買取価格の相場を知りたい方は、業界トップクラスの買取額のこちらがおすすめ!

\自走出来ない車もOK!無料査定は、こちら!/
【廃車買取】(株)はなまる公式サイト

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました