1杯100円の本田圭佑さんも惚れ込んだ極上コーヒー「ルカフェ」とは?

お茶・コーヒー・紅茶

本田圭佑さんは、サッカー日本代表としても活躍し、アジア人初となるW杯3大会連続アシストを達成ー。

その活躍ぶりは、ルディ・フェラー、デイビッド・ベッカムらに続くW杯3大会連続となる得点とアシストの両方を記録した史上6人目の選手となるほどで、世界中から大きな注目を浴びました。

自身も現在、まだ現役選手として活躍する一方で、2012年からは、日本最大級のサッカースクールを運営する経営者として、後進の選手の育成にも力を入れ、実業家としての面も見せます。

View this post on Instagram

#perth #australia @gomvfc

A post shared by Keisuke Honda (@keisukehonda) on

 

そんな本田圭佑さんのホッとしたひとときー。

1杯のコーヒーが心を癒してくれるそうです。

それが、世界60カ国以上で愛されているコーヒー「ルカフェ」だそうです。

コーヒー好きな本田圭佑さんは、コーヒーの持つ香りや深みにもこだわりがあり、

心をときめかせた「ルカフェ」の味に魅かれ、イタリア・ミラノの工場に足を運んだそうです。

それをきっかけに、日本にも「ルカフェ」を流通させようというプロジェクトが始まったと言います。

この「ルカフェ」がコーヒー通な人に選ばれる理由は、

「ルカフェ」のオーナー自らが世界中のコーヒー豆の生産地に訪れ、品質や栽培状況を事細かくチェックしてコーヒー豆を厳選してきたものを使用し、

さらに、驚いたことに、仕入れたコーヒー豆は、製品化する前に、

金属片や小石などの異物を抜き取る作業の中で、不良豆と言われる品質の悪い豆も抜き取っているというほどの徹底ぶりと言います。

不良豆というのは、ご存知ですか?

生命のある植物なだけに、100%がまったく同じような豆に成長するわけではありません。

この写真のように、割れたり欠けた豆や、カビのはえた豆、腐敗や変色のしたもの、死豆、カラだけになっているものなど、

風味に悪影響を及ぼす状態の物を手作業で抜き取っていくそうです。

 

このルカフェが上質な味わいを表現できるもう一つの理由は、焙煎方法にもあります。

 

大量生産の豆は、コンピューターで管理されがちですが、

ルカフェは、創業以来、職人自らが、豆の色合いや温度、時間を管理しながら焙煎しているそうです。

季節やその日の外気温によって、微妙に変わってしまう最適な状態は、コンピューターでは管理しきれないからです。

また、一般的な焙煎機は、1粒のコーヒー豆の内側と外側に違いが出やすいところ、

ルカフェの焙煎機は、熱風で転がすように煎るため、内側も外側も同じ様に煎ることができます。

その上、100%の酸化防止効果も出せる焙煎方法となっています。

だからこそ、こだわりのあるコーヒー愛飲家たちの心を満足させる香りや深みのある味わいを出すことができるのでしょう。

長年の職人技で、各種コーヒー豆の最上級の美味しさを追求したコーヒーが、

日本でも、ルカフェのコーヒーマシーンで、手軽に飲めるようになりました。

デザイン性も高級感ある見た目なので、リビングの見えるところに置いても、見栄えがいいですね。

 

お得な定期便を申し込むことで、この素敵なコーヒーマシーンが無料レンタルされます。
(※機種がPiccolaシルバーおよびSaraの場合に限る。)

カフェポッドは、定期便で1杯あたり100円くらいにおさえられますので、コンビニの100円コーヒーや紙コップの自動販売機のコーヒーと変わらない程度の価格で飲むことができます。

コーヒー愛飲家であれば、この同じ1杯100円で得られる味わいの差は、大きく感じられるのではないでしょうか?

ご興味のある方は、「ルカフェ」の公式サイトで、詳細をご覧ん頂くことができます。

ルカフェ

※ちなみに、単品でコーヒーマシーンを購入する場合を比較してみました!

Amazonのルカフェコーヒーマシーン】ルカフェ(Lucaffe) SARA コーヒーメーカー カフェポッド20杯セット

ルカフェのコーヒーマシーンを単品で購入することができますが、
価格:¥32,780

と、結構なお値段するみたいです。

長く愛飲する可能性があるなら、定期便の利用は、大変お得なのが分かりますね。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました